オンラインカジノとギャンブル依存症

ギャンブル依存症とは

ギャンブル依存症は、お金をかけて行うギャンブルに、のめり込んでしまう人の症状のことをいいます。
ギャンブル依存症に陥ってしまうと、ギャンブルのことしか考えられなくなり、お金がないのに借金をしてまでギャンブルをしたり、ギャンブルをするために嘘ついて仕事をサボったり学校サボったりしてしまうこともあるそうです。そして金融機関にお金を借りた後、借金を返すためのギャンブルに走ってしまい、さらに借金が積み重なるという現象が起こります。ギャンブル依存症によって身を滅ぼしてしまう典型的なタイプといえるでしょう。
そのため、ギャンブル依存症は社会問題にもなっています。
厚生労働省が発表した日本人のギャンブル依存症の割合は、人口の5%です。人数にすると、約536万人です。意外なほど多い数字ではないでしょうか。他の国では平均が1%から2%程度ですので、日本人のギャンブル依存症の割合は非常に高いと言えます。
しかし、カジノが認可されていない日本国内において、この数字はほとんどがパチンコやスロットによるギャンブル依存症の数字です。軽度のギャンブル依存症であれば、「結婚した」や「子供が生まれた」といったような人生の転機で心構えを変えたり、財布の紐を握っている方ができたりすることによって克服することができますが、そうではない人がいることも事実。
実際、カジノが認可されている韓国では、一定期間の間に繰り返してカジノを利用している人に対しては、強制的にギャンブル依存症になっていないかのカウンセリングを実施しています。

貴闘力

オンラインカジノはギャンブル依存症を引き起こすのか?

オンラインカジノは、クレジットカードを使ってお金を支払うため、パチスロのように、自分の手元の現金を支払うという感覚がないため、ついついお金を多く使ってしまいがちになります。あらかじめ予算を決めていたとしても、いつの間にかその枠をはみ出してチップを購入してしまっているのです。
そういった意味では、オンラインカジノは、お金を使いやすいギャンブルといえるかもしれません。
また、対人のゲームよりも、マシンゲームのほうが依存症に陥りやすいという特徴を持っているようです。これは、ディーラと直接対決する現実のカジノよりも、ゲーム画面の中でギャンブルが行われているオンラインカジノの方が、依存症に陥りやすいという可能性を示唆しています。その意味では、オンラインカジノをプレイする場合は、依存症に陥らないように、十分に注意し、もしハマり過ぎてしまったら周りの人に止めてもらうようにしましょう。