オンラインカジノは違法なのか合法なのか?

グレーゾーン

法律の上ではグレーなオンラインカジノ

一般的な日本人の感覚では、自分のお金を賭けて、勝てばお金が増える、負ければお金が取れるといういわゆる「賭博行為」を行うことは、法律の上禁じられているような感覚があります。
確かに日本には賭博法という法律があり、国で認められている国営ギャンブル、(競馬や宝くじ、パチンコなど)を行う分には問題はありませんが、それ以外の賭けマージャンや、賭け将棋といったギャンブルを行ってしまうと、その法律にひっかかり、賭博罪という罪に問われてしまいます。
そのように考えると、日本ではカジノが認められていませんので、お金を賭けて行うオンラインカジノも、法律上、賭博罪に問われてしまうという感覚は正しい感覚かもしれません。しかし、オンラインカジノに関して言えば、その法律の適用が、できない状態になっています。
先ほど例に挙げた賭けマージャンや賭け将棋というのは、麻雀を行っている場所、将棋を行っている場所がそれぞれ日本国内にあります。そして当然お金の受け渡しも日本国内で行われます。
全てが日本で完結しているため、それが日本国内の法律によって裁かれるのです。
しかし、オンラインカジノはこういった賭けマージャンや賭け将棋と少し違います。というのも、オンラインカジノはその名前の通り、オンラインで行うゲームなのですが、そのゲームを提供しているサーバーは海外に存在しています。つまり、日本からアクセスしていたとしても、実際にそのゲームが行われているのは海外であるという形になるのです。そして、お金の支払いについても、プレイヤーとカジノの間に海外の決済会社が入り込む形になるので、お金のやり取りも全て海外で完結してしまいます。
つまり、賭博行為をしている本人だけは日本にいて、賭博をしている場所もお金の受け渡しが行われるのも全て海外だということです。現在の日本ではこれを取り締まるための法律は存在しません。つまり、完全にシロとも完全にクロとも言えない状態であるということです。

オンラインカジノは自己責任で選ぼう

2017年3月の段階で、日本人がオンラインカジノをプレイして、賭博罪に問われたという人はいません。
一度だけ逮捕者が出たことはありますが、結局不起訴処分に終わりました。日本人がオンラインカジノで遊んでいるプレイヤー数を考えると、このたった1回の逮捕で「オンラインカジノをプレイしたら逮捕されてしまう」と考えるのはいささか早計です。確率で考えれば、まだまだと交通事故のほうが可能性が高いぐらいです。
むしろ、注意が必要なのは国からのライセンスを受けずに無認可で運営しているオンラインカジノです。お金を騙し取られたり、出勤できなくなったりする可能性があるので、カジノ選びの際には気をつけましょう。