オンラインカジノのペイアウト

ペイアウト

オンラインカジノのペイアウト

ペイアウトとは、お客さんが賭けに使った金額の何割が再びお客さんたちの手元に戻るのか、という割合です。
簡単に言えば、この数字が高ければ高いほど勝ちやすく、低ければ低いほど勝ちにくいと言われています。
わかりやすい例で言えば、宝くじはこのペイアウト率が50%前後です。つまり、全国で宝くじを購入した人たちが宝くじのために使ったお金を半分に割った金額が当選金に使われ、残りの半分が宝くじの運営団体の利益になるということです。宝くじは、一獲千金の要素が強く、一概に割が悪いギャンブルだとは言えませんが、単純に期待値だけで考えると効率の良いギャンブルだとは言えません。
ちなみに、このペイアウトは、そのゲームを回転させれば回転させるほどその期待値に近づいていくという傾向があります。そのため、宝くじの場合は1枚や二枚買うだけでは、その数字の通りにはなりません。例えば、1枚300円の宝くじを10枚買って3000円使ったとしても、期待値の通り1500円が返ってくるということはほとんどなく、多くの人は、下1桁当選の300円だけが当選して終わるでしょう。つまり、期待値よりも1200円も低くなるのです。宝くじにかける金額が増えれば増えるほど、50%という数字に近づいていきます。
極端な話、1億円分の宝くじを買えば、その当せん金額を全部足していけば5000万円程度になる確率が高いといえるでしょう。
オンラインカジノの場合は、ゲームを何度も繰り返す形になるので、ペイアウトの数字通りの金額が返ってくる可能性が高い特性があるといえます。そして、オンラインカジノのペイアウトは97%です。
これは他の日本の国営ギャンブルにはない高い数字です。

キャッシュフロー

オンラインカジノのキャッシュフロー

キャッシュフローとは、直訳すれば「浮いているお金」つまり、自由に使える手元にあるお金ということです。基本的にキャッシュフローが多ければ多い方が良いとされており、これは企業の経営などにおいても同じことが言えます。
企業が黒字倒産する理由も、このキャッシュフローがなくなってしまうためです。
例えば、100万円の利益が確定したとしても、それが入ってくるのが来月で、今月に50万円の出費があったとします。そして手元には30万円しかないとします。すると、100万円の利益は来月確定しているにもかかわらず、今月支払に必要な50万円が手元にないため、倒産してしまうのです。そういった意味でキャッシュフローは非常に大切です。
個人の財布にこの話を置き換えると、ギャンブルで勝ったにもかかわらず、そのお金が振り込まれるまでに時間がかかり、生活が出来なくなってしまうということです。競馬やパチンコであれば、その日のうちに現金が手に入り、キャッシュフローの問題はありませんが、オンラインカジノの場合は残念ながら入金や出金の手続きに時間がかかるため、キャッシュフローが生まれるまでに時間がかかってしまうというデメリットがあります。