オンラインカジノを始めるための準備

年齢制限

年齢制限

オンラインカジノは、ギャンブルですから年齢制限があります。日本国内の国営ギャンブルでも、パチンコは18歳以上、競馬は20歳以上など、ギャンブルの種類によって、その制限される年齢は異なります。
オンラインカジノも同様に、そのオンラインカジノを認可している国の基準によって制限される年齢が異なります。基本的には18歳未満は遊んではいけないという種類の制限は多いですが、1部のカジノでは20歳以上が条件というカジノもあります。

軍資金

ギャンブルを始めるためには、まず最初に元手となる軍資金が必要です。どの程度の軍資金が必要になるのかは、その人の考え方やギャンブルの方法などによって大きく変わってきますが、オンラインカジノの場合10万円程度あれば十分でしょう。ギャンブルに自信のある方などの一部には、「クレジットカードの決済の期限までに勝ち金をすべて還元するので軍資金は必要ない」と考える人もいるようですが、万が一でも負けられなくなるので、そのような勝気な考え方はやめておいた方が良いでしょう。
ちなみに、オンラインカジノで賭ける金額は、完全にプレイヤーの任意となります。小さな額でコツコツと賭けをするのも良いですし、大きな額で一気に賭けをするのも良いです。楽しみ方は個人の自由となっていますが、多くの人は初めてプレイする際には、1ドルの掛けでも緊張してドキドキしてしまいます。しかし、ゲームに慣れるうちに次第に小さな額では刺激が足りなくなり、大きな額をかけるようになります。そして、大きな額をかけるといっても、その元となる基準は日本円ではなくドルやユーロといった単位なので、円のような感覚がなく、「1万円賭けている」ではなく「100ドルかけている」なので、現実感が無く、つい使用しすぎてしまうのです。
また、オンラインカジノで勝つための大きな要素の一つであるボーナスを得るためには、一定数以上の賭け数が必要であるため、結局高額の入金が必要になる可能性もあります。一概には言えませんが、軍資金が多ければ多いほど、オンラインカジノ上では有利なシステムが多く利用できるということです。

身分証明書

オンラインカジノを利用して、マネーロンダリングをしようとしたり、ボーナスだけを受け取って勝ち逃げをくり返そうとしたりする人もいるので、オンラインカジノでは身分証明書の提示を義務付けています。
基本的にはアカウント登録時には必要なく、払い戻しの際に必要になります。運転免許証や、公共料金の明細、パスポートなどが対象になり、FAXまたはメールによって送信する形になります。ちなみに、アカウント登録の際に入力した情報と、この身分証明書の情報が一致しなければ出金することができなくなってしまいます。