オンラインカジノは詐欺・インチキ?

麻原代表

オンラインカジノ信頼しても良いのか?

オンラインカジノは、始める前のハードルが高いギャンブルの一つです。なぜなら、自分が勝つか負けるかを決める相手がコンピュータだからです。スマートフォンの液晶画面やパソコンの液晶画面上ではルーレットが行われていたり、ブラックジャックが行われていたりするように見えますが、実際のところはすべてプログラムがそれらの映像を打ち出しているのです。
そのため、「絶対にカジノ側が勝つように作られているのではないか」「賭け金を増やした勝負にだけ勝つように操作されているのではないか」「ディーラーがカメラに見えないところで小細工をしているのではないか」など、様々な不安が頭をよぎると思います。しかし、こういった様々な不安は、オンラインカジノの仕組みをしっかりと知ることによって解消させることができます。

オンラインカジノは国や自治体からライセンスを取得して運営している

オンラインカジノを運営している会社は、国の政府や、自治体が発行しているライセンスを取得して合法的に運営をしています。ライセンスを取得するための基準は、その国によって少しずつ違いますが、その審査は非常に厳しいものだといわれています。また、そのライセンスを取得するためには、非常に高額な費用が必要だといわれています。そのため、誰でも簡単に取得できるというものではなく、ある程度の資金力が必要ということになります。特にオンラインカジノが爆発的な人気を誇っているヨーロッパではそのライセンス発行の基準が厳しいと言われているので、もしご自身がプレイされるオンラインカジノがヨーロッパにあるのであれば、安心感は高いといえるでしょう。

ライセンス

第三者の監査機関が調査している

オンラインカジノでは、定期的に第三者組織が監査を行っています。これは監査会社や政府の調査機関が行います。調査する項目は、ゲームが公平に行われているかということや、プレイヤーへの還元率は問題のない範囲なのかということ、経営状態が問題ないのかということなどです。

ソフトウェア会社のメリット

オンラインカジノで提供されているゲームにはたくさんの種類がありますが、それらはオンラインカジノの運営会社が製作したものではありません。カジノゲームの制作会社というものが存在しているのです。その制作会社が作ったゲームにもしイカサマや不正があった場合、そのソフトウェア会社は業界での信頼を失墜させてしまい仕事ができなくなるでしょう。そこまでのリスクを冒してまで、1つのカジノ会社に不正に利益を上げさせるためのプログラムを組むはずがありません。