信頼性の高いギャンブル

オンラインカジノと成り立ち

オンラインカジノは、インターネットで楽しく遊べる、本格的なギャンブル・ゲームです。1994年に初めて登場し、そしてその後インターネットが普及するとともに、欧州を中心として広がりました。
本場のカジノ同様に、豊富なゲームの数々で楽しめますし、無料ゲームや、実際にお金を賭けて楽しめる、リアルなギャンブルを提供しています。
最近では、グラフィック、サウンドともに優れた、質の高いカジノも増えており、日本語サポートが24時間対応などといった、日本語化も進んでいます。
優良オンラインカジノについては、ライセンスを取得し、合法的に運営されていますので、安全性も問題がありません。
また、セキュリティに関しても万全となっていて、プレイヤーもしっかりと保護されています。

オンラインカジノの面白さを体験してしまうと、はまり込んでしまう方はとても多いです。
全世界では、約8千万人以上のプレイヤーが存在し、日本国内でも、10万人以上が、オンラインカジノをプレイしているといわれています。
オンラインカジノは、設立後には、マイクロゲーミング社などの大手のソフトウェア会社が、オンラインカジノのゲームソフトウェアを初めて開発し、オンラインカジノ業界へと参入しました。その後、1999年にはマルチプレイヤーシステムが出来上がりました。今では、ヨーロッパを中心にオンラインカジノは一大産業としても知られています。

勝てるギャンブルであるオンラインカジノ

オンラインカジノは、胴元の取り分が約2~5%と非常に少なく、ハウスエッジが少ないことが特徴です。
ペイアウト率が高く、95%以上に保たれており、勝てる可能性が高いともいわれています。
また、オンラインカジノは各種ボーナスが設定されていて、スタートもプレイヤーが有利になっています。
自分なりに攻略法を考えることで、安定して勝つことも出来ますし、ボーナスを使って、賢くプレイをすることも可のうっです。

オンラインカジノは、ペイアウト率が、他のギャンブルと比較しても圧倒的です。
競馬やパチンコは、75~80%というペイアウト率で、宝くじに至っては、45%程度のペイアウト率です。オンラインカジノは、店舗を持たないので、テナント料や、設備費用が必要がありませんので、それだけ多くの金額をプレイヤーへと還元することが出来ます。とにかく有利なギャンブルをしたいのであれば、オンラインカジノはおすすめです。

オンラインカジノの信頼性

オンラインカジノの信頼性を測る基準の一つとして、ライセンスの有無があります。世界中には数千ものオンラインカジノが存在していますが、国際ライセンスを取得しているのはその中のほんの一部となっています。
ライセンスの発行国は20カ国ほどになり、審査の基準は異なりますが、非常に厳格な審査があることでも知られています。
運営者が十分な運営資金を用意できているか、公平性、そして経営能力はあるのかなど、厳しくチェックされることになります。
ライセンスを取得するためには高額なライセンス料を支払わなければならず、半年以上はオンラインカジノを運営することは出来ません。また、ライセンス取得後も、それで終わりというわけではなく、定期的に外部の監査機関から抜き打ちで監査が入ります。
ライセンスを取得するというのはこれだけ難しいことであり、体力のない企業であれば、まずは申請することも出来ません。ライセンス料やゲーミング税を支払うことを考えると、コストも非常にかかっています。

また、オンラインカジノは、運営業者が儲かる仕組みが出来ていますので、あえて不正を行うリスクを侵すことはありません。
また、ライセンス取得後に不正が発覚すればライセンスは剥奪されてしまい、データも公表されることになります。
オンラインカジノを選ぶ際に、ライセンスを取得しており、また定期的な外部の監査機関からの監査を受けていれば高い確率で優良オンラインカジノであるといえます。

グレーゾーンのオンラインカジノ

オンラインカジノの法律的なことですが、オンラインカジノは法律的にはグレーゾーンであると考えられています。
オンラインカジノは、日本の法律には明記されておらず、合法とも違法とも言い難い状態です。
また、オンラインカジノは海外を拠点としているということもあり、日本の法律だけで裁くことは出来ないという複雑な事情も抱えています。胴元が海外にあることもあって、他の違法なギャンブルと事情が異なり、一概に賭博罪とすることは出来ません。
オンラインカジノは法的には曖昧な位置づけですが、基本的にはプレイヤーが取り締まりを受けたり、摘発される心配はないと考えて良いでしょう。

もしも法整備され、今後オンラインカジノが取り締まりを受けることになれば、その時に止めればいいだけで、今の時点では、自宅でプレイをしていても問題はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です