オンラインカジノ解説

安全性を構成する様々な要素

安全性を構成する様々な要素

オンラインカジノは、日本国内では体験できない質の高いギャンブルを提供しています。
さまざまなゲームがあり、自分好みのものを選んで賭けをすることができます。
ハードルが低いのも魅力で、インターネットに接続できれば24時間プレイ可能です。

そんなオンラインカジノですが、その成り立ちや構造を知る人は多くはないようです。
ということで、ここではオンラインカジノの歴史やその仕組みを解説してみます。

オンラインカジノの発祥

オンラインカジノが世界に初めて登場するきっかけとなったのは1994年のある出来事です。
この年カリブ海にある小さな島嶼国アンティクグア・バーブーダが、オンラインカジノ運営ライセンスの発行に関する法律を可決する運びとなりました。
このことによって、合法的にインターネットでカジノの運営ができるようになりました。

オンラインカジノ向けのソフトウェアはこの前から開発が始まっていますが、転機になったのはこの出来事でしょう。
その後世界の他の国でもオンラインカジノのラインセンスを発行するようになっています。
このような経緯を経て、1996年に設立されたのがインターカジノです。
インターカジノは世界初のオンラインカジノで、今でも日本人プレイヤーの多い老舗のカジノです。

オンラインカジノと聞くといかがわしさを感じる方もいるかもしれませんが、上述したようにオンラインカジノでは政府の発行するライセンスを取得して運営をしているところが大半です。
ライセンスを取得して、プレイヤーが安全に遊べるような仕組みを作っています。

オンラインカジノの枠組

政府から発行されたライセンスを持ちオンラインカジノは運営されていますが、オンラインカジノだけでは経営は成り立ちません。
オンラインカジノ以外にソフトウェア開発会社、政府、審査機関、海外オンライン決済会社、プレイヤーを合わせた6つの要素からインターネットでカジノの遊びを提供できるようになっています。

ソフトウェア開発会社

ソフトウェア開発会社

まずひとつめはソフトウェア開発会社です。
オンラインカジノを経営していこうと思えば、インターネット上でカジノの遊びをするためのソフトウェアが必要です。
ここで重要になってくるのがソフトウェア開発会社です。

オンラインカジノはソフトウェア開発会社にライセンス料を支払って、ソフトウェアの提供を受けカジノのプレイヤーが遊べる場を作っています。
提供を受けるソフトウェアがつまらないものなら、オンラインカジノには人が集まリません。
ソフトウェアはオンラインカジノができた頃よりは格段に進歩しており、ライブカジノのように本物のディーラーと対決できるようなゲームなど新しいものが次々と開発されています。

ソフトウェア開発会社は世界各国に存在していますが、中でもプレイテック社・マイクロゲーミング社・ネットエントIGT社・の3社がオンラインカジノにソフトウェアを提供している会社として有名です。
これらの会社が提供するソフトウェアはサーバーも強固で、ゲームのクオリティや公平性も高く、セキュリティもしっかりとしています。
ちなみに4社の中にあるマイクロゲーミング社が世界初のオンラインカジノのソフトウェアを開発した会社です。

行政府

次にラインセンスを発行するのが各国の行政府です。
日本語対応で日本人のプレイヤーも多いオンラインカジノは、ほぼ政府の発行するライセンスを取得しています。
上述したアンティクグア・パーブーダー以外には、マン島・マルタ・ジブラルタル、フィリピン、カナワナなどがオンラインカジノのライセンスを発行している国です。

ちなみに、ユーロ圏にある国のライセンスは審査が厳しいため、信頼性が高いと言われています。
ユーロ圏のマン島・マルタ・ジブラルタルのライセンスはオンラインカジノを選ぶときに、安全性を見る基準に使えます。

審査機関

審査機関

3つめは審査機関です。
審査機関はオンラインカジノとは関係のない第三者機関で、オンラインカジノやソフトウェア開発会社が不正なプログラムで客に損をさせていないかを調査をしています。
あわせて、カジノの公平性と掛け金に対するペイアウト率(払戻率)など、おかしなところがないかも確かめます。
審査機関ではeCORGAやTSTの2つの団体は有名で、優良と言われているオンラインカジノはこちらの審査を受けていることが多いです。

eCOGRAは2003年に設立されたNPO団体で、ソフトウェアに不正なプログラミングがないか、遠隔操作は行われていないなどをチェックしています。
また、出金をスムーズにできないカジノはすぐに審査に落としています。

TSTはソフトウェのチェックを厳重にしている審査機関です。
EUROのカジノにある、スロットマシンやアメリカの宝くじなどの実際のギャンブルの審査もしています。
オンラインカジノを見るときはこの2つの審査機関のロゴマークがあるかないかで、信頼性の高さを図れます。

海外オンライン決済サービス

それに、オンラインカジノの入出金に利用する海外オンライン決済サービスです。
カジノで遊ぶにはお金が必要ですが、この入出金をスムーズにミスのないように行うために海外オンライン決済サービスが間に入っています。
オンライン上で入出金の手続きが可能で、安全に資金の移動ができるようになっています。

プレイヤー

そして、最後にオンラインカジノでプレイするわたしたちです。
オンラインカジノやその他の構成要素があっても、遊ぶ人がいなければ収入がなくなりカジノは続けられません。
勝つ人負ける人、さまざまな人がオンラインカジノで遊んでいます。

まとめ

外部機関が関わってオンラインカジノの安全性は確保されています。
オンラインカジノで遊んでみたいなと考えている方は、ライセンスを取得済みで審査機関の審査を受けているオンラインカジノを選ぶようにしましょう。
そうすることで、安心して遊べます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください