オンラインカジノ解説

カジノに勝てるかもしれないゲーム・ブラックジャックについて

カジノゲームの定番として知名度が高く、日本でも広く知られているゲームがブラックジャックです。
もしかすると手塚治虫の漫画でこの名前を知ったという人も多いかもしれません。
ルール自体はかなりシンプルなのですが細かいルールとなると意外と知らない人も多いので、ここで基本的な解説をしていきたいと思います。

ブラックジャックの基本的ルール

ブラックジャックの基本的ルール
まずブラックジャックはカジノ(実際はディーラー)とプレイヤーが勝負するスタイルのゲームです。
複数人で同時にゲームを行うこともありますが、ポーカーのようにプレイヤー同士は戦いません。
その場合は、ディーラーが複数の相手と戦う形になります。
勝利条件は「配られたカードの合計が21に近いほうが勝ち。21を超えたら無条件で負け」という単純なものです。

最初に参加者全員に二枚のカードが配られます。
その際、ディーラーのカードは一枚は表で配られ、数字が見えるようになっています。
プレイヤーは配られたカードを見ながらカードを引くか(Hit)かカードを引かずその点数で勝負する(Stand)かを決めます。
一方でディーラーは17を超えるまでカードを引き続け、超えたらその時点で勝負というルールでカードを引きます。
両者とも21を超えたらその時点で負け(Bust)となりゲーム終了です。

全員の手札が出そろったら勝負となり、ディーラーよりも自分の手札の数字が21に近ければ勝利となり払い戻しを受けます。
一見すると選択肢があるプレイヤー有利なルールですが、先にカードを引くのがプレイヤーなのでプレイヤーにとって不利な点も多いルールといえるでしょう。

絵札の数え方

ブラックジャックでは基本的にカードの数値通りの値で数えますが、一部のカードは特殊な数え方をしていきます。
まず絵柄がついたカード、つまり11、12、13は10として計算します。
そして1、つまりAについては1か11で都合がいいほうで数えてよいというルールです。
つまり最初に絵札とAが来たらその時点で21となり勝利になります。(これはナチュラルブラックジャックとよびディーラーがバーストしなければ多めに配当がもらえます)
絵札の数え方

賭け方の特殊ルール

基本的にブラックジャックでは最初にベットして勝てば二倍の配当という賭け方を採用しますが、カジノや台にによっては以下の特殊ルールとして以下の賭け方を採用していることがあります。
これらのルールはカジノによって細かい部分が異なるので最初にルールの確認をすることをお勧めします。

・スプリット
最初に配られたカードが二枚とも同じ数字だった場合、追加ベットをしてカードを二つに分けることができます。
つまり一度のゲームで二回勝負できるということです。
Aのスプリットでは1枚しかカードを引けないや、同じカードをまた引けた場合追加でスプリットができるなど派生ルールがいくつかあります。

・ダブルダウン
最初の二枚のカードの後、ベットを二倍にし1枚だけカードを引けるルールです。
それ以上追加でカードを引くことはできません。

・インシュアランス
最初に配られたディーラーの表向きカードがAの際、最初のベットの半額を保険としてかけることができます。
もしナチュラルブラックジャックであれば掛け金の2倍、そうでなければ没収です。

・サレンダー
プレイヤーが勝ち目がないと判断した場合、賭金の半分を放棄してゲームから降りることができるルールです。
上の三つと比べてサレンダーは採用してないカジノのほうが多く、かなりマイナーなルールといえます。

ブラックジャックの基本戦略とカウンティング

ブラックジャックの基本戦略とカウンティング
カジノゲームは収益を上げるために基本的にプレイヤー不利のルールとなっていますが、このブラックジャックは最善の手で動き続けることで控除率を2%以下にできるといわれています。
その最善手は基本戦略と呼ばれ、例えば
「17以上では常にスタンド、11以下であればヒット、もしくはダブルダウンを行う」
といったものです。

この基本戦略はかなり幅が広くすべて覚えるのは難しいのですが、カジノに勝つというのはロマンがあり研究している人も多いですし、勝率を上げたいなればできるだけ基本戦略を覚えていく必要があります。

この基本戦略とは別に映画やドラマなどでもよく取り上げられる有名なものとして、カウンティングがあります。
内容は単純で「場に出たカードを覚える」というだけなのですが、これをやることでゲームの勝率を一気に上げカジノに確実に勝つことができるということで現代のカジノではいかさまという扱いになっています。
このカウンティング対策として手帳などで出たカードを記録することは当然不正扱いになりますし、現代のブラックジャックでは一組のトランプではなく、5組など複数の山札を使いゲームを行うのが一般的となっています。

まとめ

ブラックジャックはシンプルなルールながら奥が深く、カジノでは定番ともいえるゲームです。
オンラインカジノ以外にもスマホなどで無料のゲームもできるので、まずは無料のゲームで腕試しをするのもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください